モビリティの未来

BOLTについて

シンプルで安全、しかもサステイナブルな
移動ソリューションを提供することで
地球環境の浄化を目指しています。

BOLTは、マイクロモビリティの隙間を埋めるため、2018年に創設されました。都市部において広範な調査研究を行ってきた結果、革新的な移動手段を提供できる準備が整いました。BOLTが提供する電動キックボードによって、渋滞など交通の問題が緩和され、歩行者にはほとんど影響ありません。

BOLTチームのご紹介

BOLTのチームは、才能ある人々の結束力ある集団です。
デザイン、テクノロジー、イノベーション、科学の各分野における
経験年数は累計 120 年分に及びます。

BOLTはダイバーシティとインクルージョンを重視しています

ダイバーシティとインクルージョンはBOLTの中核をなす価値観であり、これは、採用するチームメンバー、事業を行うコミュニティのどちらにおいて言えることです。 BOLTは、移動手段の未来を変える小さな変革を生み続けることを目指して、多岐にわたる分野の人材を集め、業界随一のチームを構築してきました。BOLTは、採用するチームメンバーや掲げる概念を通して、この価値観を実践しています

BOLT本社

820 Arthur Godfrey Rd
Miami Beach, FL 33140 866.BOLT.143

B. サラ・ハイネス博士

共同創業者、共同 CEO & 会長

サラ・ハイネス博士は、BOLTモビリティ の創業者の 1 人であり、現在共同 CEO 兼会長を務めています。目的意識の高いプロフェッショナルで、ビジネスおよびプログラム開発、慈善事業、ビジネス戦略、人事、事業運営、管理職向けコーチングの分野で 25年にわたる経験があります。人と人の関わりに対する深い洞察力に根差した、受賞経験のあるリーダーシップ能力により、人の才能を育て優れた人材をひきつけます。

取締役、チーフオブスタッフ、創業者、財務責任者、共同 CEO から会長まで、自然な流れで数々の役職を務めてきたサラは、戦略形成と実行を通してチームを率い、投資家、地域のステークホルダーやパートナーを導く機会を得てきました。数多くのチームの中で様々な視点を統合し、人間関係を築き上げ、リスクを分析、緩和し、コンプライアンスを管理する指導力は、組織における戦略課題の遂行や、成長目標の達成に貢献してきました。

 

これまで、マイクロモビリティ、ビジネス開発、ベンチャーキャピタル、行動保健、協調的消費など、多くの分野で仕事をしてきました。成功を収めるビジネスを開発し、運営してきた実績があり、リスク管理およびリーダーシップ開発への貢献によって事業は成長を続けています。専門とする分野は他にも、マルチモーダル型トレーニングプログラム開発、人事管理、モチベーションコーチングなどがあります。

2000年には、臨床心理学の Doctor of Philosophy (PH.D.) の学位を取得し、ジョージタウン大学の Professional Management Certificate Program (PMCP) の修了証書を取得しています。学歴は幅広く、カリフォルニア大学バークレー校、ジョージタウン大学、ノバサウスイースタン大学、メリーランド大学など数多くの大学で、学部課程、大学院、資格プログラムを修了しました。

前職では、ジョージタウン大学医学部の臨床研究における専任教員を務め、健康教育者として、また、アメリカ国立衛生研究所が出資した研究プロトコルのチームリーダー兼プロジェクトマネージャーも務めました。このプロトコルは、ワシントン D.C. エリアの 5 つの主な病院においてマイノリティの人々の健康を改善することを目的としたものでした。また、指針立案者でもあり、大規模組織においてコミュニティおよび組織行動を形成してきました。

 

様々なチームのための人材確保、リスク緩和およびコンプライアンス対応において、主導的役割を果たしたこともあります。さらに、6.5億ドル以上を管理するベンチャーキャピタル企業、Sherpa Capital のチーフオブスタッフとして勤務した経験もあります。Sherpa Capital では、デューデリジェンス研究や組織の指針の作成、チームビルディング、コーチング、人材の潜在能力を最大限に引き出す取り組み、組織開発などに関わりました。また、コミュニティの関係および企業の社会的責任イニシアチブの形成と維持においても重要な役割を果たしました。

YMCA of Silicon Valley では、プログラムボランティアとして活動した経歴もあり、個人がそれぞれの健康目標を定めて目標を達成するのを支援していました。米国ユニセフ協会の運営委員会の一員を務めた経験もあり、災害や人道的援助の支援のほか、The Pishevar Family Foundation を通してプエルトリコの貧困緩和に取り組みました。

カムヤー・カヴィアニ

共同 CEO & 共同創業者

BOLTモビリティの共同創業者であり共同 CEO です。クリエイターでもあり、STEM (サイエンス、テクノロジー、エンジニアリング、数学) 分野の新鋭マーケットにおける複数のテクノロジー企業、 HyperOffice、HTR (VCAMPUS と合併した公開会社)、Saba (紅海会社) などの CEO を務めた経験があります。

技術分野における長年の経験があり、起業家でもあります。BOLTに携わる前は、HyperOffice を共同創業し、CEO を務めました。また、HTR の共同創業者、会長兼 CEO としての経歴もあり、さらに Saba の共同創業者でもあります。Company.com Corporation の創業者でもあり、同社の諮問委員会の会長、さらに Breezio, Inc. の理事会会長も務めています。

インターンシッププログラムを利用してテクノロジー分野の将来のリーダー達を育ててきました。これまで育ててきたインターンは 500 人以上にのぼり、元インターンは STEM 産業に多大な貢献をしています。メリーランド州の短大や大学と提携することで、学生に実際のリーダーシップを経験させてきました。BOLTにおいてもリーダーシップとイノベーションの才能を駆使して自治体と連携関係を築き、人々に安全で環境に優しい移動手段を提供しています。


USAIN BOLT

共同創業者 & グローバルアンバサダー

最速の男として知られているだけでなく、BOLTモビリティ の共同創業者でもあり、ブランドアンバサダーでもあります。ジャマイカで生まれ、幼い頃から運動能力の才能を伸ばし、100m、200m、4×100m の男子短距離走で世界記録を保持しています。9 個のオリンピック金メダルを持ち、誰もが手頃な料金で使える移動手段の推進に取り組んでいます。IAAF世界最優秀選手賞、Track & Field 年間最優秀選手、BBC 海外スポーツパーソナリティ優秀賞、ローレウス世界スポーツ賞など、多数の受賞歴もあります。

運動選手としてのキャリアを通じて常に感じていたある課題を解決したいと考えています。それは、どこにいても手頃な料金で簡単に利用できる安全な移動手段を提供することです。BOLTのチームに情熱と意欲をもたらし、積極的にイノベーションのプロセスに関わっています。

熱心な慈善事業家でもあります。The Usain Bolt Foundation は、教育と文化の開拓を通じ、あらゆる人に機会を与えます。多くのビジネスパートナーを持ち、衣類の分野では Puma と提携、さらに独特のスタイルの時計の製造で Hublot と提携しています。自身のレストラン、Usain Bolt’s Tracks & Records は、ジャマイカまたはロンドンへの観光客がよく訪れる場所となっています。自身のシェーバー企業、Champion Shave は、男性のシェーバー業界に変革をもたらしています。スポーツの世界にとどまらず、ビジネスリーダーとなっているのです。

 

CHERYL HELLER

財務部担当 SVP

BOLTの財務部担当 SVP です。Pillar One Consulting のマネージングプリンシパル、人事テクノロジースタートアップ企業 iRevü の戦略アドバイザーとしての経歴を持っています。前職では、Capital One に 20 年以上勤務していました。

Capital One に 20年勤務し、財務、運営、買収企業統合、合併や買収の分野で様々な役職を歴任して、キャリアを積んできました。Capital One での勤務以前は、保険および公会計の業界に身を置き、地域の銀行と不動産業との関係関連を軸に仕事をしていました。公認会計士の資格も保持しており、メリーランド州、ベセスダの Holton-Arms School の評議員会の一員でもあります。

BOLTの財務部担当 SVP としては、戦略的な財務に関する助言を行うとともに、日頃の会社の財務管理を監督しています。学業では、コネチカット大学で学士号を取得したのち、ハートフォード大学で修士号を修めました。企業が実践できる地域貢献についてきわめて高い意欲を持っています。


KEITH SIILATS

BOLTの共同創業者であり CTO です。キャリアの大半をウォール街で過ごし、Goldman Sachs、Sanford Bernstein および SAC Capital 勤務の経歴があります。ケンブリッジ大学、トリニティ大学で経済学の学士号および修士号を取得し、機械学習を専門分野として3年間スタンフォード大学の大学院課程で学びました。

技術と開発の分野における経験が、交通機関およびこの業界の将来に対する彼の視点に影響を及ぼしました。訓練を積んだ職業パイロット、ソフトウェア開発者そしてリーダーとしての経歴を通じ、自身が開発したアプリケーションによって、移動サービスのアクセスしやすさとコストが変わりました。Bytelogics におけるソフトウェア開発およびアウトソーシング担当主任という前職では、ベンチャーキャピタルに資金提供を受けた消費者アプリケーションを複数開発しました。 (Azumio、Paystik、LastMinuteLocal) 

多発性硬化症の患者と飛行の体験を共有する活動に取り組む非営利団体、FlyMS.org にも貢献しています。この活動は、移動手段は誰もが利用できるものでなければならない、という信念の現れでもあります。テクノロジーを使用して誰もが利用可能な移動手段を実現する方法を、次世代の人材に教育するツールとして、BOLTを活用したいと考えています。

IGNACIO TZOUMAS

CFO

財務関連の第一人者で、Pishevar Family Foundation、Edison、Stara の CFO でもあり、効率的な財務管理において優れた才能を持っています。

現在、BOLTモビリティ の最高財務責任者 (CFO) を務めています。1997年から財務分野で様々な役職を歴任してきました。Pishevar Family Foundation、Edison、StaraでCFO を務め、現在は BOLTです。出身大学はペンシルバニア大学で、生物工学の理学士号を取得しています。


投資家のために富を築き、財務的な可能性を最大限に伸ばす方法を他の人に教えてきました。財務分野で 22年間働いてきた経歴を持ち、継続的な研究、設計、変革を可能にする持続可能な財務モデルを作り上げました。スタートアップ企業とメンターへの投資を積極的に行い、様々な財務ルートで新たな人材を育てています。

ノースカロライナ州チャペル・ヒル市の交通機関接続諮問委員会の一員でもあります。諮問委員として、市職員と連携し、地域内のサービスが十分に行き届いていない人々のために、費用効果の高い移動ソリューションを見つける活動をしています。地域の自治体職員との関係構築において経験豊富で、チャペル・ヒル市に重要な貢献をしています。ヘッジファンドおよび商事会社におけるリーダーシップの経験から、コミュニティのすべての人に行き届かせて成功させたいという思いを強く持っています。


WILL NICHOLAS

アメリカ地域担当社長



BOLTの運営を主導しています。環境ポリシーとビジネス開発の分野でTeslaに8年勤務しました。Teslaの前は、カリフォルニア州サンフランシスコで、Google の営業/マーケティングチームに勤務していました。ノースウェスタン大学出身です。

北米地域における環境ポリシーとビジネス開発の分野で Tesla に 8 年勤務し、Tesla の革新的テクノロジーのセールスチャネルの創出と導入に成功しました。同社の電気自動車とエネルギー貯蔵製品を世に出した、東海岸におけるTeslaの1号店オープンの責任者も務めました。

ポリシー、コミュニケーションおよび運営における知識と経験で、BOLTの市場拡大に欠かせない存在となっています。地球の気候変動の緩和を目指す中で、持続可能な移動手段が果たす役割の重要性を理解しています。


SHARI LERNER

BOLTモビリティ の事業運営部担当取締役です。政府請負事業を手掛ける小規模企業の首脳陣の中核メンバーとして 18年以上働いた経験を持っています。メリーランド大学で、ビジネスマネジメント学の理学士号を取得しています。



多数の業務機能に精通する独自のスキルを備えた、事業運営のリーダーです。人材管理、財務処理、下請け契約管理やベンダーとの関係についての専門知識は、BOLTの日々の業務の中で活かされています。彼女の魅力的な人柄と運営管理に対する冷静なアプローチにより、BOLTは短期間で多くの目標を達成することができました。

企業のポリシーおよび手順書の作成、合併、運営資産の管理に積極的に関わっています。また、サプライヤやサービスプロバイダとの関係を維持すると同時に、運営チームがそれぞれ設定した目標達成を実現させるための責任者でもあります。在職中に 1 .5億ドル以上の収益を上げた先進企業での経験から、独自の洞察力でBOLTの事業プロセスを主導しています